金売却コラム

GDB(グッド・デリバリー・バー)とは?

グッド・デリバリー・バー,GDB,略

インゴットを所有している人なら、GDBという単語を見たことがある人も多いのではないでしょうか?
でもこのGDBって一体どんな意味なのか、何の略なのかわからない人もいると思います。

 

GDBとは、【Good delivery [gold] bars=グッド・デリバリー・バー】という言葉の略称で、”ロンドン金現物市場での受渡適合品”のことです。
金地金業界ではこの”ロンドン金現物市場での受渡適合品”のことを英語でGood Delivery=GDと呼び、それのインゴットバーなのでGDBと呼ばれるわけですね。

 

ちなみにGood Deliveryだけだと”ロンドン”が入ってないじゃないか!と思いますが、金現物取引の中心地がロンドン市場なので、この業界での常識という感じで省略されているようです。

 

 

このGDBと合わせて覚えておきたいのがLBMA(ロンドン貴金属市場協会)です。

 

グッド・デリバリー・バー,GDB,略LBMAとは?

 

GDBはこのLBMAの厳正な審査基準をクリアした金地金インゴットになります。

 

 

国内で金やプラチナなどのインゴットを売却しようとした場合、基本的にGDBのものでなくても東京工業品取引所(TOCOM)が定めた受け渡し共用品に指定されたブランドの金地金なら、どこでも買い取ってもらうことができるでしょう。

 

しかし海外で売却・換金する場合はTOCOMブランドだけでは厳しい場合があります。
その点、LBMAに認められたブランド(インゴット)であるGDBは非常に評価が高く、国内だけでなく世界中で需要があり買い取ってもらうことが出来ます。

 

(といっても現在では基本的に国内大手ブランドの金地金は、TOCOM、GDB共に認定されている金地金ブランドが多いので、そこまで気にする必要はありません)

 

 

つまり一言で簡単にまとめるなら、”GDBとは最高品質の金地金インゴット”ということですね。

 

 

ちなみにこのGDB、国内のメーカーでは、日鉱金属、三菱マテリアル、三井金属鉱業、住友金属鉱山、同和鉱業、徳力本店、古河機械金属、田中貴金属工業、日鉱金属株式会社、アサヒプリテック、石福金属興業、松田産業などの金地金インゴットが認定されています。

 



ホーム RSS購読 サイトマップ