地金ってなに?読み方は?

地金ってなに?読み方は?

地金,意味,読み方

地金ってどんな意味?なんて読むの?”地金”という単語について、意外と理解していない人も多いですよね。

 

そこでゴールドやプラチナの売却時に度々目にする【地金】について解説します。


”地金”の読み方は【じがね】

まず始めに読み方について。

 

”地金”の一般的に【じがね】と読みます。残念ながら[ちきん]ではありません(笑)
ただ、ちきんではありませんが[じきん]と呼ぶ場合もあるようです。あまり聞いたことはありませんが。

 

なので”金地金”と書かれた場合は【きんじがね】と読みます。

 

プラチナなら【ぷらちなじがね】、銀なら【ぎんじがね】ですね。

 

 

地金ってどんなもの?意味は?

読み方がわかったところで、地金とはそもそもどんなものの事を言うのでしょうか?

 

地金とは、”金属を扱いやすいように溶かして固めたもの”のことです。つまりインゴットバーやのべ棒の事を言います。

 

厳密には地金とは24金の塊のことを言いますが、現在では”インゴットの日本語訳”といった認識で使用されています。
なので金だけでなくプラチナ地金や銀地金と呼ばれているわけですね。

 

わざわざ硬い金属を溶かして地金を作る意味ですが、これは別な製品に加工し直す為ということもありますが、保管や管理を行いやすくするという意味でも行われ、また近年は税金対策・節税のために地金化することもあります。

 

地金を作るには専門の設備と技術を持った業者に依頼する必要があります。

 

地金,意味,読み方インゴットの加工を行っている店舗はこちら


ホーム RSS購読 サイトマップ