金やプラチナを売却したら税金を払わないとバレる?

金やプラチナを売却したら税金を払わないとバレる?

金,売却,バレる

 

金やプラチナ等のインゴットを売却したら、税金を払わないとバレてしまうのでしょうか・・・??

 

払う払わないは別として、どうしても気になってしまうポイントですよね。


売却額が200万以上なら税金を払わないとバレる!

結論を言ってしまうと、売った金やプラチナのインゴットが200万以上だった場合はほぼ確実にバレます。

 

それは何故かと言うと、200万以上のインゴットを売却したときには【支払調書】という書類を提出する義務があるからです。

 

金,売却,バレる金地金支払調書制度ってなに?

 

この支払調書には売った本人の住所やマイナンバーといった個人情報から買取金額まで全て掲載されるので、確実にバレると思って良いでしょう。

インゴットを売却してもバレない方法がある・・・?

ただし、金やプラチナ等のインゴットを売ってもバレない可能性もあります。

 

先ほど記載したように、支払調書を提出することでマイナンバーを含む全ての情報が筒抜けになってしまうわけですが、この支払調書は200万未満の売却額であれば提出する義務はありません。

 

ということは、インゴットの売却時にその金額を200万未満に抑えれば良いということです。

金やプラチナは小分け・分割することで無税に出来る!

金,売却,バレる

そこで登場するのがインゴットの分割・小分け精錬加工サービスです。

 

金,売却,バレる金の精錬分割加工サービスの作業内容や手順について

 

金やプラチナなどのインゴットは、買取の価格はその売却時の重量に比例して高くなります。
その為、そのまま大きな一本で売ってしまうと売却額が200万円以上となってしまい、支払調書の提出義務&納税義務が発生してしまうんです。

 

インゴットの分割・小分け精錬加工サービスとは、売却するインゴットを一旦専門業者にて小さく小分けする作業のこと。

 

小分けされたインゴットは、その一つ一つが小さく・軽くなるので売却しても1つあたりの金額が200万未満になります。
まずこれにより支払調書の提出義務がなくなります。

 

そして更に一つの売却額が50万未満であれば、インゴットに対する課税はなくなるので、無税に出来るというわけです。

 

金やプラチナを売りたいけどマイナンバーや税金が怖いと思っている人は、小分け精錬加工を行うことで解決することが出来ます。

 

金,売却,バレる金やプラチナの小分け・分割加工おすすめ店舗情報はこちら



ホーム RSS購読 サイトマップ